【速報】ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金の公簿開始! – 山田典正税理士事務所

【速報】ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金の公簿開始!

【速報】ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金の公簿開始!

こんにちは。

税理士の山田です。

 

「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の公簿が開始しました!!!

募集期間は本日2月5日~4月13日までです。

https://www.tokyochuokai.or.jp/index.php/component/content/article/4-topics/1266-27.html

 

※ 補助金制度の詳細についてはこちらのQAを参照下さい。

 

ザックリ言うと、対象となる事業者は『年の後半に高額な設備投資を予定している中小企業者』です。

「ものづくり」とありますが、製造業である必要は全くありません。

設備投資とは、製造機械でも良いですし、システム投資でも大丈夫です。

例えば社内の業務効率化のために業務管理から営業フローまでの見直しを検討されている企業は大大チャンスです。

500万円~3,000万円の補助金が支給されます。
さらにもし昨年にこの補助金を断念した企業様であれば、今年はチャンスです。

なぜなら、今年の傾向として・・・

 

・今年は一回で募集が終わる予定なので、一次募集の採択事業者(合格者)が増加する予定

・補助事業期間が非常に短い 平成28年10月~12月

 ⇒この期間内で設備の発注から納品・試運転まで完結させなければならないため、対象企業が限定される。

 

という特徴があるからです。

 

分母が減り、分子が増えますので、今年は採択率が例年より高くなることが想定されます。

補助金では運の要素も非常に強く、過去には一度不採択となった申請書で、全く同じ申請書を出して二度目には通ったという事例もあります。

 

是非チャレンジしましょう!!

 

そして、この補助金は早く申請した企業の方が受かり易いという統計があります。

スピードが勝負ですので、すぐに動き出しましょう。

 

※ 補助金制度の詳細についてはこちらのQAを参照下さい。

 

<PR>=======================

当事務所は国が認定する経営革新等支援機関に登録されており、

上述したものづくり補助金についての申請支援を実施しております。

また、ものづくり補助金に関して、日本一の支援実績があるエフアンドエム社と提携しております。

日本一の支援ツール・支援体制の基で、ものづくり補助金の採択実績がある税理士が対応致します。

対応が出来るお客様の数には限りがありますので、検討をされている方はお早めにご相談ください。

初回の相談については無料でお受けしております。)